翻訳会社を徹底調査

翻訳会社に就職するメリット

翻訳会社の社員は、翻訳の品質管理を行います。

翻訳会社が翻訳を企業から依頼された場合、フリーランス翻訳者に翻訳を依頼しますが、フリーランス翻訳者が提出して翻訳文に間違いがないか・注意事項を守っているか・品質基準は満たしているかなどをチェックするのが仕事です。品質管理は高い翻訳能力を要求されますので、仕事をしていると自然と能力が高くなってきます。必要とされる必須なスキルとして有名な英語能力をはかる試験で、満点990点のうち800点以上を要求されたりします。

800点以上は、「どんな状況においても適切なコミュニケーションが行える素地を備えている」レベルになり、5段階評価のうち上から2番目のランクB相当になります。その他歓迎されるスキルとして翻訳支援ツールの使用経験がある・ある程度の英会話力が要求されます。翻訳会社に数年勤めればフリーランス翻訳者で活躍できる能力も身に付くことも期待できます。会社によっては、将来フリーランス翻訳者として独立したい人向けの支援制度がある会社もあります。

翻訳会社で働いているうちに自然と人脈ができるので、フリーランス翻訳者になったあと、人脈をいかして仕事を請け負うことができます。また、フリーランス翻訳者になった場合のキャリアで某翻訳会社にて勤務歴10年と記載できると、お客は安心して仕事を依頼しやすくなります。収入面においても、安定していて月の収入に加えて、交通費支給・残業手当・勤続手当などが貰えます。外部研修の費用も負担してくれる場合もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *