翻訳会社を徹底調査

フリーランスが翻訳会社から仕事を受けるには

コストパフォーマンスを上げることが重要です。

フリーランス翻訳者は少なくないので、選んでもらう努力が大切になります。まずは、品質を大切にしましょう。翻訳に関する文字単価は品質が高ければ高くなります。相場は英文和訳一語あたり30~50円・和文英訳35~70円程度ですが、一般的にその文字単価から要求される以上の品質のものを納品すると良いでしょう。気持ち的には、通常要求される倍の品質で納品すると考えると良いかしれません。

完成度が高いと、翻訳会社でのチェックや修正依頼などの手間が減ります。経済的にも良いですし、ストレスも減少します。対応速度を早くすると良いです。翻訳会社の営業時間にあわせて、いつでもメールや電話などの連絡に対応できる状態にすると良いかもしれません。納期を守る必要があります。納期を守らないと翻訳会社に翻訳を依頼している会社にも迷惑をかけてしまうことがあります。

余裕を持って対応すると、あせらずに済むので品質も高くなることでしょう。改善点があれば提案しましょう。翻訳会社も完全な存在ではないので、改善した方が良い点があるあります。ただ、あまりに、改善点を伝えてしまうと顔を潰したりすることになるので、相手の顔をたててやんわりと言うと良いでしょう。考え方は、「どの様に行動すれば翻訳会社は嬉しいか」と言うことに目を向けると良いかもしれません。依頼する側で考えたらちょっとした差でも、メリットが多い方に依頼します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *