翻訳会社を徹底調査

翻訳会社を選ぶときに気をつけるポイント

翻訳会社を選ぶ際に、多くの人はネットで検索して出てきた企業何社かに見積もりを取った上で発注先を決めるケースがほとんどではないでしょうか。

しかし見積書を比較材料として検討しようとしても、そこから分かる情報というのは価格と納期くらいのもので、結局価格で選ぶという結果になることが多くなります。翻訳業界というのは、こまかいところまで見えづらく、価格だけで選ぶといろいろなトラブルがおきてしまうことが多い業界でもあります。そのようなことがないように翻訳会社を選ぶ上でポイントになることをかいていきます。

どの翻訳会社にも言えることですが、オールマイティーに全ての分野に強い会社というのは少ないです。大きく分けると産業、出版、映像の3つの業界に分かれていて、そこからさらに細分化されています。依頼したい翻訳の分野にその会社が対応しているかを確認しておきましょう。対応している言語の確認も大切です。以前はインバウンド対策といえば英語だけしたが、現在では英中の2ヶ国語対応が一般的です。

依頼する会社が翻訳したい言語に対応しているかは確認しておきましょう。翻訳の正確性ですが、正確性をあげるためにはチェックする人数を増やしたり市内といけないので翻訳の工程にも手間がかかり費用があがり納期も伸びることになります。求めている精度と予算や納期をしっかり検討して選ぶことが重要です。これらの内容は翻訳会社のHPに記載されているので依頼する前にしっかり確認をしておくことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *