翻訳会社を徹底調査

翻訳会社での仕事とは

翻訳会社での仕事はもちろん翻訳をすることですが、実際に翻訳の作業をしているのは翻訳会社の社員ではないことがほとんどです。

これにはいくつかの意味があるのですが、一つには、翻訳の仕事はほぼ完全にその人が個人でできるものであり、会社という組織で、上司がいて同僚がいてチームがあって、という環境でなければできないものではないからでしょう。もちろん全体を見渡せば、翻訳の仕事は文章の翻訳という個人でもできる仕事だけでは決してありません。翻訳をしたいと思っている個人や企業から注文を受け付ける仕事や、個人が翻訳した文章をチェックする仕事、さらにはどんな会社でも発生する経理の仕事や総務的な仕事もあります。

このような仕事のためにはやはり会社という組織、チームで行うことが適切であり、そのために翻訳会社があるわけです。ただ、その中で中核となる文章の翻訳に関しては、個人ワークとなる面が大きいこともあって、実際にはフリーランスで仕事をしている人に仕事のお願いをすることが多くなっています。

フリーランス的な仕事ですから、会社という組織に縛られる必要はありません。一般論として会社に出勤する必要もありませんし、そもそも勤務時間が会社から指定されるわけでもなく、自分自身でペースをコントロールして仕事を進めることになります。一方で、給料は月給制ではなく、あくまでも仕事量に応じた出来高制、歩合制になるという厳しい側面はあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *