翻訳会社を徹底調査

翻訳会社で働きたいなら

映画の字幕や、英語の小説の翻訳などをしたいと考えている人や、自分の英語の能力を活かした仕事をしたいと思っている人であれば、翻訳会社への勤務を希望しているケースが多いのではないでしょうか。

実際の翻訳の現場では、映画や小説などの文芸翻訳よりも、機械などの取り扱い説明書やマニュアル、契約書や仕様書などを翻訳する実務翻訳の力が求められます。さらに、医学や物理学などの論文は英語で提出する事が義務付けられているので、そのための翻訳知識が必要となるケースもあるのです。翻訳の力だけではなく、専門分野の知識もある事が非常に大切と言えるでしょう。

翻訳会社では専門家が十分に知識を活用した上で、翻訳を行います。地域特有の文化や言い回し、文法などは当然把握していなければなりません。日本の場合、慣用句やことわざを直訳すると意味が全く異なる場合があります。それと同じ事が外国語でも発生する事を知っていなければ、高品質な翻訳は難しいでしょう。その国々の言語の文化や文法に通じている事は、非常に大切なスキルとなります。

翻訳会社には、ネイティブを文書作成のプロジェクトに加えて最終チェックを実施している会社も存在しています。それほど、翻訳のレベルは高いものが求められるのです。今後もし翻訳会社で働く事を希望するなら、実務的な知識と能力を身につける事が求められるでしょう。特許申請や仕様書・契約書の分野は日本でも大変ニーズのある部分と言われていますので、自分の力量に応じてスキルアップを考えるべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *