翻訳会社を徹底調査

ウェブ翻訳が可能な翻訳会社の特徴とは?

翻訳会社にはそれぞれ得意な分野があるため、依頼する時には原文を理解できるだけの知識や経験が問われることを把握しておきましょう。

例えば、医療分野を得意としている会社は、医学書や医療に関わる翻訳を行うことができても、電気や機械などのような分野が不得意のケースもあるわけです。ニーズに合う翻訳会社を選ぶことが翻訳品質を向上させるコツに繋がります。料金なども会社により様々ですから、比較をすることも大切ですが、翻訳業界の料金はワンワード単位の場合とA4サイズ1ページ単位の場合があるので、比較が難しいと感じている人も多いのではないでしょうか。

しかしながら、ワンワード単位の場合でも1ページ単位の場合でも、1ページ内に単語を並べてみて、ページ単価からワンワードの価格を割り出す方法もあります。例えば、1の単語が20円の時、1ページに入る単語数が200ワードの場合には4、000円の料金になるわけですから、A4サイズに換算することで料金比較を行うことは可能になるわけです。

尚、翻訳会社の納品スタイルの多くはワードになりますが、翻訳会社の中にはウェブ翻訳を手掛けているケースもあり、この場合はワードではなくHTMLの形で納品して貰えるため、後からコーディングを行う手間を省けます。特に、表組は日本語から外国語に翻訳することで崩れてしまうため、手直しが必要になります。その点、ウェブ翻訳ができる翻訳会社に依頼することで、表組内の翻訳は勿論のこと、コーディングまで完結できるので便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *